終わりの怪物

あらすじ
「世界は毒獅子、夢幻、隻眼、腐朽、白鯨、慟哭の6体の魔物によって滅びる…」
これはアヴァロン王国に伝わる終焉の予言である。
人々が日々の忙しさで、予言のことなど忘れていた時、突如現れた魔物がアヴァロンに襲来してきた。
魔物から国を守るために組織されたのが、精霊を武器と化して戦う集団「精霊騎士団」。
魔物によって故郷を滅ぼされたレイとグレゴリカとリリアンは、魔物に復讐するために、騎士団に入団する。
団員たちは共に成長し、”予言の魔物”に立ち向かっていく。

アイコンを押すと立ち絵が出てきます!

レイモンド(愛称:レイ)
20歳|男性|人間
幼い頃に故郷の村を魔物によって滅ぼされた。
魔物に復讐することと、大切な人を守り抜くことを誓い、精霊騎士団に入団する。
正義感が強く、真面目な性格だが、頑固な一面がある。
精霊騎士団の団長であるヴィンセントに憧れを抱いている。
サラマンダー隊の所属。


カゲロウ
男性|火の精霊
レイのパートナー。
常に喧嘩腰ですぐ熱くなるのが欠点だが、芯は通っている性格。
レイとよくもめている。
涙もろいところがある。


グレゴリカ
19歳|女性|人間?
幼かったレイとリリアンが村はずれの“魂返りの森”で、偶然倒れているグレゴリカを発見し、保護した。
記憶喪失で行くところがなかったので、レイの家族と一緒に村で暮らすことになった。
しかし、村が魔物の襲撃に遭い、レイとグレゴリカとリリアン以外は全員殺されてしまった。
魔物に復讐することを誓い、精霊騎士団に入団する。
感情に乏しく何を考えてるかわからないほど無表情だったが、精霊騎士団の仲間たちと接するうちに、次第に感情が芽生えていく。
シルフ隊の所属。


テオドア
男性|雷の精霊
グレゴリカのパートナー。
頭脳明晰で周りの人からは先生と呼ばれているが、おせっかいで説教くさいと思われることもしばしば。
誰にでも礼儀正しく敬語口調で話す。


リリアン
20歳|女性|人間
レイの幼馴染。料理上手で世話好きな性格をしている。
魔物との戦闘でいつも無茶をするレイとグレゴリカを心配している。
幼い頃からレイに恋心を抱いているが、鈍感なレイは全く気付いていない。
サラマンダー隊の所属。


ミリエル
女性|花の精霊
リリアンのパートナー。
天真爛漫だが、ちょっと抜けている性格。
陰ながらリリアンの恋を応援している。


ウル
20歳|男性|人間
アヴァロン王国の王子。
誰にでも優しく親切で、いざという時に冷静な判断を下せる、王子の鏡のような性格をしている。
しかし、裏では権力を求める貴族たちから命を狙われており、そのせいで疑心暗鬼になっていてだれも信用していない。
レイの素直な性格を見ているうちに、徐々に考えを改めるようになり、レイと親友同士になる。
サラマンダー隊のリーダー。


アリア
女性|風の精霊
ウルのパートナー。
疑り深い性格で、唯一なついているウルの後ろに隠れている。
ヘンリエッタとよくケンカをしている。
歌がうまい。


ヴィンセント
35歳|男性|人間
精霊騎士団の団長。無口でクールな性格で人を寄せ付けないオーラを出しているが、実はオネェキャラ。
そのことを知ってるのは同じ隊にいるカンパネルラたちのみ。
争いごとは好まないが、騎士団の中で一番強いので、仕方なく戦っているところがある。
ウンディーネ隊のリーダー。


ラファエロ
男性|光の精霊
ヴィンセントのパートナー。
自信家でプライドが高い性格。
人間を見下しているが、同族である精霊には面倒見がいいところがある。
特に同じ部隊である内気なマコレを密かに心配している。


カンパネルラ
25歳|女性|人間
分け隔てなく優しく慈悲深い性格で、アヴァロン王国の聖女と呼ばれている。
しかし、怒るととても怖いらしい。
魔物によって身寄りを失った子供たちを、教会で保護する運動もしている。
ウンディーネ隊の所属。


コーラル
男性|水の精霊
カンパネルラのパートナー。
カンパネルラ以外には基本無口で冷たいクールな性格をしている。
海の生き物と友達で会話ができる。


メグ
27歳|女性|人間
貴族の令嬢。
「~ですわ」といったお嬢様口調を使う。
いいなずけと結婚したくなくて家出中。
親に見つからないようにメガネをかけている。
おっとりしているが、勉強家なのでいざという時は頭が切れる。
恋バナと紅茶が好き。
シルフ隊のリーダー。


マーガレット
女性|闇の精霊
メグのパートナー。
経験豊富なロリおばあちゃん。最年長者でみんなの相談役。
「~じゃ」というのが口癖。甘いお菓子が好き。


ブラッド
30歳|男性|人間
元暗殺者。目つきが鋭く無愛想ではあるが、根は面倒見の良い性格をしている。
戦闘の知識が豊富で、常に鍛錬を怠らない。
死んだ妹とグレゴリカを重ね合わせているところがある。
シルフ隊に所属。


ビビ
女性|猫の精霊
ブラッドのパートナー。
「~ッスよ」が口癖。
人懐こく多弁な性格だが、怠け癖がある。


ヘンリエッタ
18歳|女性|人間
アヴァロン王国のお姫様。ウルの妹。
親からの寵愛を受けて育ったため、とてもわがままな性格になってしまった。
ウルのことが大好きで、近寄る女は敵と判断して嫌がらせをする。レイも同様である。
戦闘に慣れておらず、武器の斧が重くて持ち切れず、ドジをして足手まといになることもしばしば…。
ウンディーネ隊に所属。


マコレ
男性|土の精霊
ヘンリエッタのパートナー。
ビビりで泣き虫な性格。また恥ずかしがり屋で顔をフードで隠している。
ヘンリエッタと仲良くなりたくて、いろいろ頑張るが、うざがられている。


毒獅子のバウル
予言の魔物の一体目。
獰猛で知能は低いが、怪力の持ち主。
爪や角には猛毒が塗られており、かすっただけでも体がしびれて動けなくなる。


夢幻のニーヴェス
予言の魔物の二体目。
翼にある目ような柄を見ると幻覚を見せられてしまう。
また鱗粉には眠気を誘う効果がある。
獲物が悪夢でうなされている間に、体を糸でぐるぐる巻きにして、ゆっくりと捕食する。


隻眼のダンテ
予言の魔物の三体目。
唯一人型をしてる魔物で、人の言葉を話し、意思疎通ができる。
基本武器は持たず、格闘術で戦う。
返り血を浴びて体が真っ赤に染まるほど酷い殺し方をする。
傲慢で残忍な性格。


腐朽のトゥマエル
予言の魔物の四体目。
攻撃は一切してこないが、体に触れるあらゆる生物や物質を腐朽させる。
こちらからの攻撃はほとんど効果はないだろう。


白鯨のアンジェロ
予言の魔物の五体目。
他の魔物に比べて、けた外れに大きな体をもつ。
その大きな口で人間も建物も何もかも飲み込んでしまう。
災害クラスの強敵である。


ネタバレを含みます
慟哭のグレゴリカ
予言の魔物の六体目。


ネタバレを含みます
「我が身体を6つの部位に刻み、封印してきた愚かなる人間どもよ……己が犯した罪を悔いるがいい……」
毒獅子、夢幻、隻眼、腐朽、白鯨、慟哭の6体の予言の魔物が消滅したことにより復活した魔王。
全ての死をつかさどる。


モノ
12歳|女性|人間
アヴァロン王国から遠く離れた森に住む、不思議な少女。
森の中でずっと一人で暮らしており、外の世界を知らない。
純粋で心優しい性格だが騙されやすく、ちょっとした冗談も真に受ける。
精霊騎士団との戦闘で傷ついたダンテを救い、仲良くなる。

精霊騎士団部隊編成

精霊武器一覧