妖怪薬師ねね

アイコンを押すと立ち絵が出てきます!

野呂瀬ねね(ノロセ・ネネ)
16歳|女性|人間
妖怪の薬師をしている少女。
いつもニコニコしていて、穏やかな性格をしている。
幼い頃、両親と山にドライブ中に、事故に遭い、両親は死亡、ねねは一命をとりとめたものの、両目を負傷してしまう。
事故現場を確認しに来た山の妖怪がねねを保護し、妖怪の薬師で鬼の妖怪の椿の元に連れて行った。
椿は妖怪の目を使って角膜移植を施し、ねねは視力を失わずに済んだ。
さらに妖怪が見えるようになる。
山の妖怪たちは身寄りのないねねを育てることに決め、ねねは椿に弟子入りすることになった。
そして成長したねねは、立派な薬師になるために、人の世に出ることとなる。


大福ちゃん(ダイフク)
ナメクジの妖怪。
ねねの医療道具を胃の中にしまっている。
道具入れ的存在。
なんでも飲み込む癖がある。


犬塚瑠璃(イヌヅカ・ルリ)
16歳|女性|人間

コタロウ
見た目16歳|男性|妖怪(犬神)
御影高校に通う、眉目秀麗でクールな性格の少女。
妖怪が見える人で、しかも巫女のような憑依体質の持ち主で、常に悪い妖怪に体を狙われている。
幼い頃に助けた妖怪のコタロウに守られながら暮らしている。
コタロウとは意見の食い違いでよくケンカをする仲。
実は大金持ちのお嬢様。
ねねの最初の友人になる。


イナリちゃん
永遠の17歳★|女性?|妖怪(九尾の狐)
妖怪界のトップアイドルをつとめている。
正体は日本三大悪妖怪の一人である九尾の狐。
天真爛漫な性格で、気に入った相手には愛を惜しまない。


神威(カムイ)
見た目20歳|男性|妖怪(龍)
祓い屋(ハライヤ)である金剛寺家の者によって滅ぼされた、龍の一族の生き残り。
金剛寺家に復讐するために、人間や妖怪の血を飲んで力を増幅させるという禁忌を犯している。
祓い屋に追われ、瀕死だったところをねねに救われる。
次第に惹かれあっていくが、穢れのないねねを巻き込まないために、姿をくらます。


金剛寺冥(コンゴウジ・メイ)
16歳|男性|半妖
金剛寺家の次期当主であるが、半妖であるため、周りから恐れられている。
折り紙型の式神と、血を操ることができる。
目元を包帯で巻いているのは、妖怪の目を隠すため。
ねねと同じ生い立ちなので、親近感がわく。